【父から娘へ】不動産をやる意味を伝えたい【不動産投資】

 

ネオニート大家こと、大家のプーさんです。

 

僕がこのブログをはじめたのは、

今現在、2人の娘がいて、
この娘たちが「お金・仕事」について
考えるようになった時の為の教材として
残したいと思ったからです。

 

で、娘に不動産経営を勧める理由を
書くべきかなと思いまして。

 

Twitterにも投稿したのですが、
ここにも貼ろうと思います。

 

 

 

僕は、この投稿を書いている現在、32歳です。
割と僕の娘たちから見ると、「立派なおじさんだな」と思われるかもしれませんが、
社会的に見れば、「ようやく人間になったな」位の年齢です。

 

ざっくり言うと、
「社会人の成人式を迎えた人」的な年齢になったという感じです。

 

なので、まだまだ僕自身知らない事もたくさんありますが、
結構それでも、世の中は不条理だと思います。

 

ざっと挙げると、

 

・頑張っている人が報われない。

⇒一方、頑張りが足りない、
頑張るべき環境とタイミングを間違えている

などとも言えるので、この書き方は思考停止するかもしれませんが、

一つ言えるのは、「要領が良い奴がうまくいく」世の中な気がします。

 

・自分をアピールできる人のほうが
評価される。
(営業は大事です)

⇒営業もしくは、お金を沢山持ってくる人が評価される世の中です。
資本主義社会なので、当たり前といえば当たり前ですが。

営業を支える事務や、商品開発者は、営業よりだいたいの場合給与が低いです。

 

 

・シングルマザーは結構厳しい。

⇒どんなに能力の高い女性でも、苦しんでいない人に
出会った事がありません。

それは、子供が父親よりも母親を欲する動物的本能にも
起因すると思うのですが、
どうしても、子供がいる母親は負担が大きいです。

シングルファザーも厳しいのでしょうが、
「シングルマザー」のほうが総数的にも多いのは、
恐らく上記の要因が大きいのでは?と思います。

子供って、お母さんとセットです。

 

これは、僕の娘たちに一番伝えたい事なんですが、
母親というのは結構大変です。

まず、僕は父親なのですが、
なぜか女性のように、一度にたくさんの事をやろうと
思っても、うまくいきません。

一時期、僕の人間的性能が低いのかなと
少し悩んだ時期もありましたが、男性とは
そういうものらしいです。

もうあきらめることにしましたwwwww

 

一方で、お母さんは割とうまくやってます。

僕は、父親にしては珍しく、ほぼ毎日家にいますが、
子供は最終的には、お母さんを求めます。

たぶん遺伝子に刷り込まれているんだと思います。
(僕の事が嫌いではないと信じたいwwww)

 

で、娘に伝えたい本題なのですが、
子供が生まれると、母親への負担は本当に大きいです。

そして、在宅ワークとか、育児しながら仕事とか、
本当に難易度が高いです。
たまに、できている人がいますが、相当バイタリティや
能力が高いか、職場環境に恵まれているかのどちらか
だと思っています。

自分の可能性を制限してほしいから、こういう事を
言っているわけではなく、
「だからこそ」人生設計はしっかり考えてほしいです。

 

 

 

 

たぶん、男性より女性のほうが、「経済的には」生きていくのが
厳しい世の中だと思っています。

 

ですから、僕は、もし息子ができたとしても、
息子よりも娘たちに、自分のお金やビジネスに関する全てを、
伝えて、実践して欲しいと思います。

 

それは、言い方は悪いかもしれませんが、
女性のほうが、早くに覚えておかないと
後から困る と思うからです。

自分の娘に、自分の価値観を押し付けているわけではなく、
娘が自分で選択する幅を広げてあげたいからです。
お金と時間の余裕が、将来のあなたを助けます。

 

子供ができると、
経済的理由で離婚するのを躊躇する人がいます。
例え、家庭で夫から暴力を受けても、です。

別れたら別れたで、経済的に結構厳しい
シングルマザーが多いです。
理由は、子供が生まれた時に、ビジネスキャリアが
ストップしている人が多い事と、
どうしても子供の送り迎えがある人が多いので、
時間的制約が、母親には課せられます。

そういう物理的な理由で、
現実を伝えたいと思っています。

 

 

たぶん、子供たちが大きくなってきたある一点から、
家庭では不動産の話ばかり、僕はするでしょう。

その真意は、このブログに書いた事にあると思って下さい。

 

父親である僕から娘に伝えたい事は、
「若いうちに沢山勉強をしておきなさい」
ではなくて、

「若いうちに、沢山「お金の」勉強をしておきなさい」

更に「沢山実践しておきなさい」と加えます。

 

とにかくお金を稼ぐ仕組みにフォーカスする事です。
ただ、人を騙してはいけません。

その仕事は、恐らく一時は稼げますが、
人生の質を下げ、
そして、「長くは続けられません」

 

 

父親である僕は、22歳の時に社会人に
なりました。
それまでは、財産らしきものも持っていませんでしたが、

今では実質リタイヤして、
ほぼ家にいながら、家族4人で楽しく暮らせています。

 

 

これからもその生活は続けられると思いますが、
その理由の多くは、
「僕が20代の時に、死ぬ気でビジネスを頑張った事と、
 高利回りの収益不動産を多く持つ方向にシフトした」事に他なりません。

 

沢山失敗もしましたが、
そのおかげで、成功確率が相当高まりました。
少資金のうちに沢山失敗しておくべきです。

 

僕のような、週に2回も出掛けずに、
在宅で生きていくスタイルは、
実は、女性にこそ理想の形態だと思います。

 

人生は綺麗事だけでは生きていけません。
時に、「お父さんは不動産やビジネスの話になるとしつこくて嫌だな、、」と
思うかもしれませんが、
それは、こういう考えが背景にあるからです。

 

親になってわかった事なのですが、
子供には、幸せになってほしいと思うものです。

 

幸せとは、自分の心の在り方>金銭的余裕>時間的余裕 の順で
構成されると思っています。

 

心の在り方すらも、全て投資で培うことができると思います。

 

なぜなら、投資の成功とは、判断力と忍耐強さ、
また引き寄せる人間力がある程度必要だと思っています。
(まだ僕は成功していませんがwwwwwww)

 

 

これは、32歳の時の父親の僕からのメッセージとして、
投稿しておきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です