【不動産転売】不動産屋には夢がある!!【不動産投資】

ネオニート大家こと、大家のプーさんです。

 

僕が不動産大家になりたいと思ったきっかけの
話をします。

 

一番のきっかけは、

・自分の祖母(父側)がアパートを持っていた事。
・自分の祖父(母側)が同じくアパートを
持っていた事。
更に、その祖父が「宅建は取れ。不動産は身を助ける」
と20歳以降ひたすら言ってくれた事。

でした。

今考えると、本当に恵まれた環境だったかもしれません。
社会人になる前から、うっすらと、
「将来はアパートを持ちたいな」と思っていました。

 

そして、時は過ぎて、
僕はサラリーマンで2社目にして、不動産業界に
足を踏み入れました。
25歳の時でした。

他の記事やプロフィールにも書いていますが、
僕は仕入れの営業マンでした。

 

ですので、入社して3日目から、ひたすら
物件取得のために、いろんな不動産会社に
飛び込み訪問をしまくっていました。

時には訪問しすぎて、
足が臭過ぎるなと思ったら、マメが破れすぎて、
血が出ていて、悪臭がした事もあるくらいwww

 

話が脱線しましたが、
収益物件を持ちたい!!と強烈に想うきっかけは
この営業マン1年目にありました。

 

何社か、謎に1Rだったり、
明らかに自宅と思える場所で
開業しているおじさん達がいました。

 

その事務所で共通しているのは、
「間違いなく新規や一般のお客さんが来るわけない」
ような事務所でした。

その人たちは、だいたい「1~3人」で
切り盛りしていました。

切り盛りとは言っても、失礼ですが、
凄くヒマそうな人達ばかりだったのですがwww

ある人は、常に1人社長で外回りをしていて、
電話番は奥様に任せていたりもしていました。
(その人は、毎年、年商3億円以上なのですがw)

 

そこで、そのヒマそうな人たちは
皆こう言います。

「収益物件も自社保有しながら、
 私たちは細々やっているんですよ」

 

なるほど。。やはりそうか。。
そう思いました。

楽して稼ぎたいなら(失礼ww)、
収益物件を持たないといけないんだな。

 

そして、その後に皆言っていた事も
忘れられません。

「君が物件を買いたいなら、
 懇意の業者さんを早く見つける事だ」と。

 

この人たちは、
そういう懇意取引先を多く見つけて、
それで商売をしていました。

だから、事務所は最低限でいいんです。

後から僕は気付いたのですが、
「中小企業は名が知れていないんだから、
新規のお客さんなんか、めったに来ない」です。

だから、どうせ来ないならと、
振り切って固定費を抑えているんですね。

 

この人達に会えたことで、
僕は固定費削減が重要だという事を
知りました。

そもそも、仕事は待っていても来ないので、
少人数の会社のうちは、事務所にお金かけても
意味がないと思います。
「ひたすら外回りすべき」です。

 

その後、僕は起業をしたり、
会社を買って大きくしようとしたり、
ビジネスを頑張りました。

そして、子供が生まれた今、
結局僕は今、まさしくその人達と
同じような境遇になりました。

 

収益物件を持ち、
新規のお客さんは一切来ない場所に
事務所を置き、社員は僕一人。
懇意の業者さんから物件を購入し続ける。

 

今のコロナウイルス(2020年4月22日現在)
のせいで、固定費が大きい会社がリスクと
なおさら感じていますが、

1人親方で多く稼ぐ業種は、
やっぱり投資家なのかもしれませんね。
労働は時間が限られますが、
投資はお金でお金を増やせるので、夢がありますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です