【相続】「2代目地主」と「低学歴経営者」から学んだ、自分の相続の話【不動産投資】

ネオニート大家こと、大家のプーさんです。

 

【!不動産投資ブログに登録しました!】
【ぜひともポチっと押して下さい!!お願いします!】


不動産投資ランキング

 

 

 

今日は、

「適切な目標と、適切な教育がなければ、
 資産家や幸せな人にはなれない」という話です。

 

 

僕は、不動産業者だった時に、
たくさんの2代目地主(アパート大家さん)や、
低学歴だが、成功している経営者を見てきました。

 

まずは、2代目地主さん。

 

ざっくりと僕の見た感じ、

・失敗しているのが5割程度。

・現状維持(ただ空室改善して持っているだけ)しているのが4割程度。

・先代よりも成長させているのは1割に満たないレベル。

 

僕は、この方々と仲良くなって、自分のノウハウを全て注ぎ込めば、
その方々やその家族にとって、大きな利益をもたらすし、
自分の管理会社にも、管理フィーや建築フィーを
齎してくれて、良い関係になるのではと思いました。

 

また、次の代に受け継ぐ時にも、当時僕が経営していた会社を
お抱え認定してくれて、それだけでもお互いに永続していける
関係になるだろうと思っていました。

 

しかし、残念ながら、何名かを除き、そのラインには至りませんでした。

 

 

その2代目地主さんの中には、
単なるボンクラ(失礼www)だけでなく、

 

大手企業に勤めている2代目や、
有名な地方銀行に勤めている2代目もいました。
いわゆる、地方ではエリートの方々です。

 

僕の言っている事は、8割方理解してくれました。

 

ただ、彼らは大変頭は良かったのですが
労働のプロであり、投資・金融のプロではなかったのです。

 

もっと言葉を選ばずに言うと、
自ら労働する道を選び、「金持ちになる気はない」とまで言うのです。

 

金持ちになれば、辛い辛いと言っている、
会社勤めを辞められるのに、です。

(ご本人が、会社に行くのが辛いと言っていましたww)

 

 

その方の価値観の背景には、

良い大学に行って、
良い企業に入って、
良い企業で勤め上げて、
良い世間体をキープする。

これがありました。

一言で、
「親や他人の評価枠の中で生きている人」に見えました。

 

 

僕は、この時、
「良い大学に行かせる事が、子供の幸せではない」
ことを強く思いました。

 

 

そして、大変失礼ですが、

一方で、見栄は考えず、
お得な中古物件を購入したいと来店する、ヤンチャそうな人に限って、

「笑顔が多く、幸せそう」

な事も、上記のように思うきっかけでした。

 

失礼ですが、「バカのほうが幸せなのかな?」とすら思いました。

(※僕もバカなので幸せですww)

 

 

そして、今までなんとなく思っていた事に対し、下記のことから確信に変わった事もありました。

 

所謂、中卒などの「学歴バカ」に限って、
勤め人ではなく、自分のビジネスを持っている人が多く、
そして、資産や年収も多いのです。

(もちろん、ダメになった人もたくさんいるとは思いますが、地方の、僕が経験した世界の話です。)

 

そして、彼らは、申込書に誤字が多いのです。
あり得ない漢字表記の間違えをします。
学校行ったの!?と聞きたくなるレベル。

ただ、なぜか、銀行借入の金利知識には強いんです。
金利計算に関しては、だいたいの計算は暗算できるレベルなのです。

「利回り」という言葉こそ知らない様子の方が多かったですが、

・何年で回収できるか、
・坪当たり、年間いくら払っている計算か?まで
言葉に出す人が多かったです。

「漢字すらまともに書けないのに」です。

(学歴が「バカ」なだけで、地頭は良いのだと思います)

 

これには本当に驚きました。

 

そして、僕は、教育には、
「お金になる教育」と「ならない教育」がある。
そう思うようになりました。

 

勿論お金だけに偏らせてはいけませんが、
お金と幸福感にフォーカスした教育を、自分の子にはしたいと思います。

 

結果として、
僕はビジネスを拡大路線にする事は断念して、
専業大家になりましたが、これは子育てをする今の自分にとって、
上記のことは、大変素晴らしい体験でした。

 

この気持ちが、いずれ僕の子たちに伝わり、
理解してくれる時が来たら、僕の相続は成功になると思います。

 

そして、将来子供たちに色々勉強させてもらいながら、
楽しく生きて、
最期の時を迎える日を楽しみに、これから生きていきたいと思いますwww

 

 

【!不動産投資ブログに登録しました!】
【ぜひともポチっと押して下さい!!お願いします!】


不動産投資ランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です