【買付】数を打たなければお得物件は手に入らない【不動産投資】

 

ネオニート大家こと、大家のプーさんです。

 

【!不動産投資ブログに登録しました!】
【ぜひともポチっと押して下さい!!お願いします!】


不動産投資ランキング

 

 

ここ半年、個人的には結構なペースで
物件の購入をしています。

 

 

もうこれからは空室を埋めるのを頑張らないと、、
と思った矢先でしたが、

半年前に買付を入れていた神奈川県の戸建が、
なんと僕のところに戻ってきたりと、
意図しない動きもありましたw

 

 

やはり買付は入れておくものですねw

 

家賃4万円は取れると考え、
表面約50%で逆算し、当時、買付を90万円で入れていたものでした。

 

この物件は、結局見に行ったのですが、
思わぬランニングコストや、仲介会社さんが知らなかった瑕疵などが
あった為、もう一度、10万円で金額提示。

結果としてはダメでしたが、
常に明確な意思表示(買付提出)をしてきたからこそ、
このような機会が巡ってきていると思っています。

何事も、中途半端ではなく、何かしらの答えを出して返すということが
大事だと思います。

 

特に、よくあるのが、
結局売れなくて金額が下がり、自分にチャンスが回ってくる物件です。

 

僕自身、そのような物件購入は1回だけありましたが、

仮に失礼な指値でも、
売主が早く売りたい時に、その金額と僕をセットで
思い出してくれるというケースはあります。

ですから、必ず仲介会社さんのNGがない限り、
買付は提出するようにしています。

 

仲介会社さんの立場からしても、
余程失礼でもない限り、売主に対して、「動いた」という証跡を
持っていきたいものです。

 

僕自身、買付⇒決済物件の割合は数えた事はありませんが、
恐らく買付(or口頭回答)を100本出して、1本買えているとか、
そんなレベルだと思います。

 

余程相場よりも安い物件なんて、何度も来ません。

とにかく数を打つこと、これしかないと思います!!

 

【!不動産投資ブログに登録しました!】
【ぜひともポチっと押して下さい!!お願いします!】


不動産投資ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です