【家族の理解・協力】妻から不動産投資を応援してもらっている経緯と理由【不動産投資】

 

ネオニート大家こと、大家のプーさんです。

 

今日は、僕にとっては大切な日です。

 

今現在、コロナウイルスの影響で、
不要な外出を控えているので、特段のイベント感は
今年はありませんでしたが、
今日、妻との結婚記念日を迎えました。

 

今は小さい子が2人いるわけですが、
その人生になったのも、
今日がきっかけの一つです。

改めて、妻にお礼を言いたいと思います。

 

 

そして、ブログに妻の事を書いても仕方ないのでw、

今日は、「どうやって家族の理解や協力を得たのか?」
について書きたいと思いますwwwww
(いきなり現実的wwww)

 

最初に、少し暗い話をしますが、
僕が妻と出会った当初、
妻の親御さんが亡くなっていました。

 

妻(当時は交際相手でした)は、
既に両親が他界した状況でした。

 

そして、妻が幼少から育った実家を、
妻が相続する事になったんです。

 

 

で、出会った当時は、亡くなったばかりでしたので、
妻はその家に住んでいました。

 

そして、その家を住まなくなった時点で、
当時不動産業で独立したばかりの僕に、
「この家をどうするべきか」を託してくれたわけです。

 

その時に、僕は妻に、
・今売ったら、2,000万円未満は間違いない。
(更に仲介手数料が100万円弱かかる)
・賃貸に出せば、月10万弱くらいの収入になる。

このように伝えました。

 

そして、17年間満室で同じ賃料で貸せば、
売るのと同じ金額が手に入る計算だとも伝えました。

17年後には、築30年超になるが、
家賃は下がるか、まだ貸せるだろう。

もしくは、そのタイミングで売れば、
更に収入にはなるのではないかとも。

 

幸い、妻の家は、築15年程度で、
ほぼリフォームせずに貸せる状態でしたので、
妻は、ここで「貸す」という選択をしました。

 

それを決めてから、下記に書いてある、
くらしのマーケットで残置物撤去とクリーニングを
して、貸し出したのですww

クリーニング、残置物撤去の安い発注先を一発で探す方法

 

貸すと決めてから、
すぐに残置物撤去とクリーニングをし、
だいたい3ヶ月以内には借り手が見つかりました。

 

そして、その後です、、、

やたらと妻は、ネットバンキングを特定の日に
見ては、ニヤニヤするようになってしまいました、、

、、、、
そうです、家賃の振込日ですwww

 

当時は妻も僕も20代でして、
子供ができるまでは妻は仕事をしていたのですが、
「給料日が1日増えたw」などと言い、
やたらと口座を確認していました、、

 

そして、
貸してから時間が経った今でも、

何もしていないのにお金が振り込まれた!!!

などと、
まるでマルチ商法をやっている人みたいな事を
家の中で言っては、またニヤニヤしていますwww

 

 

こういうきっかけがあり、
そして、僕が不動産業をやっていたことから、
妻はとにかく協力的になってくれました。

 

他の大家さんからもよく聞くのが、
「口座に家賃振込がある様子を見せると、
急に協力的になる」というのは
あるみたいですwwww

 

いきなり、「不動産投資」と言っても、
怪しまれると思いますので、

まずは、安い物件を一つ買って、
口座にお金が入ってくる様子を、
ご家族に見せるのが、協力や理解を得るための
一番の近道かもしれませんね。

 

今では、妻が1000円を入れて開設した
家賃口座は、400万円近くの金額が
貯まっています。

 

全く手を付けない妻も勿論偉いですが、
不動産には、一度埋まってしまえば、
退去がない限り、本当に不労所得です。

 

妻と結婚した当時、
今から4年前になりますが、

僕は不動産業で独立したてで、将来が少し不安でした。

それが、今では結構な世帯数を保有し、
最悪働かなくても家賃収入で生活できる程になりました。

勿論、僕も頑張ったには頑張ったのですが、
4年間(+サラリーマン時代の6年間)で
ひとまずここまで来れたのは、きっと自分の娘や
ブログを読んで下さる皆さんにも希望を
与えられると思っています。

 

思い立ったら、不動産はいつでも始められます!
ただ、ご家族がいる場合には、家族の理解や協力なくしては
成し得ませんので、是非そこを突破して下さい!

 

もし突破できなければ、
ご家族にこのブログのURLを送ってあげて下さいwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です