【雑記】コロナウイルス「COVID-19」と不動産賃貸経営について【不動産投資】

ネオニート大家こと、大家のプーさんです!

 

2020年4月16日現在、
コロナウイルスが世に出始めたのが2020年1月位
でしたが、未だにその猛威が収まる気配が
ありません。

未だにピークを更新し続けているような状況で、
家から出られなくなっている人が多いですね。

 

僕が、専業大家になったのは、
ちょうど2020年になってからでした。

それまでやっていたビジネスを全て清算して、
2020年と同時に一人だけのビジネスに戻り。

その1ヵ月後、世間でコロナウイルスが
大々的に騒がれ始めました。

 

昔から、運だけは良い人生なのですが、
今回もそう思えずにはいられませんでした。

 

会社経営を一旦引き払ったのは、
色々理由はあるものの、
正解だったと今は思っています。

会社経営に人生を捧げるのは嫌だ、
子供が生まれてから日に日にその想いが
強くなったが故の決断でした。

 

結果、その決断は、自分と家族にとっては、
良い判断になりました。

 

どれだけ会社経営の才覚があったとしても、
ウイルスには勝てませんね。

僕は才覚があるほうではないと思いますが、
かと言ってダメな経営者でもないとは
思うのですが、さすがにコロナには勝てないと
思いました。

 

自宅で仕事をする人生になる事は、
ビジネスを清算した時から描いていましたが、
今は更に、オンラインミーティングを駆使して、
ネット無しでは生活できないようになりました。

 

もはや食品の買い物にも行かず、
妻はネットスーパーに張り付いてくれています。

 

これができるのも、
「何もしなくても固定収入がある」事に起因する
と思います。

 

衣食住に関わることは、
どんな時代もなくならないとは言われますが、

衣の雄、ユニクロ決算は下方修正&減配、
食は、外食産業は次々に下方修正&倒産。

奇しくも、
「家を貸す」ことはこういう事態でも
強いビジネスなのかと知る事ができました。

また、不動産賃貸業でも、
住居以外はほぼ苦境に立たされています。

事務所、店舗、民泊、ホテル。
余程単価が安いところ以外は皆厳しいようです。

 

本当の不況が来た時には、
賃料が安い住居が最も強いんだという事を
実感したと共に、備忘録として書いておきます。

 

ここから更に最悪の事態を想定すると、
管理会社さんが自主的に営業停止したり
場合によっては事業撤退する場合もあると
思います。

 

自分が任せる管理会社に、経済的体力があるか、
また、最悪の場合に、自分が遠隔もしくは、
実働で不動産賃貸経営を乗りこなせるかという点も
今後考えていかなくてはならない事かなと
思いました。

 

「経営者は、常に最悪の事態を想定して動くべき」と
どこかで聞いたことがありますが、
今回のコロナウイルスを通して、
それは絵空事ではないことを実感しています。

 

自分の子供が大きくなったら、
ある意味戦争の次に怖い出来事として、
伝えてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です